実はコンバージョン率のアップが重要

ホームページを運用しているほとんどの方はSEO対策という言葉をご存じだと思います。
しかし、コンバージョンレート(お問い合せ率)という言葉を知ってるよって方は、比較的少ないのかもしれません。

 

実はサイトで成果を上げるためには集客(SEO対策やリスティング広告)よりも、お買い上げや問い合せ率をアップの方が重要なんです。

 

コンバージョン率とはなにか?

コンバージョン率とはホームページを訪問した人(=ユニークユーザー数)のうち、何割がコンバージョン(商品購入や資料請求などの、ウェブサイト上から獲得できる最終成果)に至るかの割合を示す指標のことです。
コンバージョン率算出の方法は一定期間内のコンバージョン件数(お買い上げや資料請求)を、同じ期間内のアクセス数、またはユニークユーザー数で割って導き出します。
また、インターネット広告などを利用した際は、獲得できたコンバージョン数を、各広告ごとに獲得できたクリック数(=ウェブサイトへのアクセス数)で割ってコンバージョン率を算出し、それぞれの広告のコンバージョン率を比較することができる。

まずは自社サイトのコンバージョン率を知ること

コンバージョン率は、あなたの扱う商品・サービスの単価がリーズナブルなのか高額商品なのか?はたまた最寄品なのか買回り品なのかなど様々な要因によって大きく左右されます。例えば、クルーザーのような高価格商品と、本のような数千円出せば買えるような商品とでは、コンバージョン率に開きがあって当然ですよね。

 

しかし、コンバージョン率は商品単価だけでは決まりません。

ただし、私の経験則でいえば、何も対策をしていないサイトでは、だいたい0.5%〜1.5%の間が多いですが、ユーザーが商品購入をスムーズに完了できるよう、ホームページのユーザビリティを改善することによって、コンバージョン率が大幅に向上するケースも多々あります。

 

まずは、あなたのサイトのコンバージョン率は何パーセントなのか?現状でのコンバージョン率を把握し、それを基準値として少しでも上昇するよう対策を検討しましょう!

 

 

 

最新記事

コンバージョン率アップの具体策

リンク集一覧

 
コンバージョンアップ対策
Copyright  コンバージョンアップ対策  All Rights Reserved
ページの先頭へ